レヴォーグ値引き

レヴォーグの値引き

スバルレヴォーグの値引き額詳細

レヴォーグの車体価格値引き限界額 レヴォーグのオプション値引き限界額
20~25万円 5~10万円

 

レヴォーグの合計限界値引き額:35万円

 

 

レヴォーグ発売当初は「すぐ予約しても納車は半年後」という状況で、レヴォーグの値引きもほぼナシというディーラーがほとんどでしたが、現在はやや落ち着いてきており、値引きも多少しやすくなってきています。

 

レヴォーグの車体価格値引きで20~25万円、オプション値引きを含めて35万円がレヴォーグの限界値引きのラインとなります。

 

レヴォーグの値引き交渉のポイントは?

 

レヴォーグのみに候補を絞らない

 

レヴォーグが本命、レヴォーグ以外買う気はない!という人も多いと思いますが、それをディーラーの営業マンに悟られると一気にレヴォーグの値引きが渋くなります。他のステーションワゴンの見積もりを用意するなどして、「レヴォーグを値引きしないと他に行っちゃうよ」という雰囲気を出すようにしてください。ライバル車の見積もりは先に取っておきましょう。カローラフィールダーなどのライバル車の値引き見積書を持ってレヴォーグの交渉にのぞむようにすると、レヴォーグの値引きが引き出しやすくなります。

 

注意点としては、実際に他社の見積書を見せたり、値引き額を言うのはやめましょう。見せてしまうとその値引き額が基準となり、大きなレヴォーグの値引きが引き出せなくなります。あくまで「カローラフィールダーは結構勉強してくれそう」といった感じを匂わせるだけで十分です。ただ、実際にライバル車の見積もりをとっておかないとウソだとすぐにバレてしまうので、リアリティを持たせるために見積もりは実店舗で必ず取っておきましょう。

 

なお、ライバル車交渉もしっかり煮詰めたほうが効果は高いですが、そうなるとレヴォーグの交渉を含めて何度もディーラーに通うことになり、手間がかかります。レヴォーグの初回交渉である程度のレヴォーグの譲歩は引き出せるので、ライバル車の交渉は1~2回の商談でも構いません。

 

近所のディーラーにこだわらない

 

新車値引きは店舗や担当営業マンとの相性が大事。第一印象で苦手な感じの営業マンにあたってしまうと、その後の交渉もだいたいうまくいきません。なので、最寄りのディーラーにこだわらず、フットワーク軽くいろいろなディーラーを訪れることが重要です。行ったディーラーの数だけレヴォーグの見積もりが多く取れるので、その分交渉が有利になるメリットもあります。

オプションの追加は注文書へのサインの寸前に行う

 

レヴォーグのオプションの値引きは、本体値引きを引き出して、ついに注文書にサイン!というタイミングで行うと引き出しやすくなります。注文寸前にオプションの追加を切り出して、「レヴォーグの価格、いくら上がっちゃいますかね?」などと聞くと、営業マンには「このタイミングで支払額が上がったら契約がオジャンになるかも…」という心理が働きます。なので、だいたいはレヴォーグの値引きが勝ち取れるというわけです。

 

レヴォーグの商談の途中で交渉していくのもいいですが、それでうまく値引きできないときの最終手段として覚えておいてください。

 

レヴォーグ交渉前の下準備が超重要!

 

 

レヴォーグ購入の際、それまで乗っていた車はディーラーに下取りにだすもの、と思っている人が多いようです。

 

「ディーラーが適切な買取価格を提示するはず」

 

無意識にそう思っていませんか?

 

ですが、下取りには問題もあります。

 

 

ちょっとこれ以上の値引きは厳しいですね…。でも、下取り価格のアップはできますよ!通常10万円で下取りしているんですが、15万円でどうです!?


 

こう言われると、なんだかレヴォーグの値引きが上乗せされた気分になりますね。そしてうれしくなって契約してしまう人が大勢います。

 

ですが、営業マンは心の中ではこんな風に考えています。

 

 

(本当の相場価格は40万なんだけどね~。15万で買い取れるならラッキ~!)


 

つまり、自分の愛車の相場を知らないでいると、買取相場よりずっと安い価格で愛車を買われてしまうわけです。そのまま手放すと大損してしまうことになります。

 

ですが、買取価格を知っているとこんな対応ができます。

 

 

もうレヴォーグの勉強は無理なんですけど、下取り価格を10万円から15万円にアップしますよ!


 

 

(買取相場は40万円だから、全然足りないな…)

 

そうですか、でもやっぱりレヴォーグの値引きを大きくしてほしいですね。それだけ余力があるなら、オプション値引きを付けてもらえませんか?ちょうどこのオプションが欲しいと思っていたので、レヴォーグの値引きを付けていただけるなら決めてもいいんですけど…


 

 

えっ! ちょ、ちょっと上に聞いてきますね… 少々お待ちください…


 

こんな風に、愛車の買取価格の相場を知っておけば、ディーラーの交渉術に惑わされることはありません。そればかりか、相手の交渉術を逆手にとって、自分に有利に商談を進めることもできるわけです。

 

つまり、買取価格が高くなって手元に残るお金が増えるだけでなく、値引き交渉が有利になってレヴォーグの割引幅が大きくなります。

 

愛車の買取価格を高くしておくことによって、ダブルの効果でレヴォーグのコストを下げることができるわけです。

 

では、どうやって愛車の買取相場を調べればいいのでしょうか?

 

そこで便利なのが、中古車査定サイトです。

 

中古車査定サイトって何?

 

「ガリバー」や「ラビット」などの名前を聞いたことがあると思います。

 

 

これらの中古車買取業者が集まって、自動車を一括査定してくれるのが自動車買取査定サイトです。直接お店に行かなくても、複数の業者から一括査定を受けられるため、手間がかかりません。なおかつ、競合が起こるため、車の買取価格が高騰しやすくなります。

 

 

ただ単にディーラーに下取りに出してしまうよりも15~35万以上高くなった!なんてことがザラにあります。

 

使い方も簡単で、車種名や走行距離、年式などを入力して査定ボタンをクリックするだけです。

 

おすすめの自動車買取査定サイト

買取査定サイトはいろいろありますが、なかでも作業がかんたんな「かんたん車査定ガイド」がおすすめです。車種名や走行距離などを入力するだけで、暫定の買取価格が表示されます。

 

 

↑の画像のように、必要事項を入力していくだけですばやく一括査定ができます。

 

 

作業を完了すると、↑の画像のように、愛車の暫定買取価格を見ることができます。すぐに買取相場が表示されるのは「かんたん車査定」だけです。最終的な買取価格は多少変わりますが、傾向としては無料出張査定後に買取価格がさらにアップすることが多いようです。表示された暫定買取価格は、画面メモをとったりして保存しておきましょう。

 

作業時間は30秒程度で、「あれ、もう終わり?」という感じで査定が終了します。

 

かんたん車査定の公式サイトはこちらです。
http://a-satei.com/

 

 

もっと高額で売却したいときは、複数の車査定サイトで査定を行うと高価買取の可能性が上がります。

 

 

ズバット車買取比較

 

業者によって、車種の得意不得意があります。ズバットでは、全国150社以上が参加していて、そこから地域や車種に応じて最大10社が選別され、一括査定を行うため買取価格が上昇しやすくなります。

 

公式サイトはこちら
http://www.zba.jp/

 

 

カーセンサー

 

雑誌でも有名なカーセンサーの買取査定サイトで、最大30社から一括査定できるのが魅力。リクルートが運営しているので安心感があります。入力項目が若干多めですが、作業時間は数分です。

 

公式サイトはこちら
http://www.carsensor.net/

 

査定のタイミングはいつがいいの?

 

査定はできるだけ早い方がいいです。

 

「とりあえず査定は後回しでいいか」と考えるかもしれませんが、査定を後回しにするのにはかなりリスクがあります。

 

レヴォーグの値引き交渉の切り札がない

 

もし自分の車の買取相場を把握していないと、ディーラー側の下取り価格アップ話術にしてやられる可能性があります。レヴォーグの割引情報などを調べていると営業マンは大したことないように思えてきますが、相手はたくさんのお客さんを相手に商売している交渉の達人です。中には凄腕の営業マンもいて、いつの間にかうっかり契約してしまった…なんて例はいくらでもあります。

 

そもそも、こちらはすぐにでも新車に乗りたいと思っているので、「ちょっとくらいなら損してもいいや」と思いがちなんです。

 

それで注文書にサインしてしまい、後になって査定してみたら30万円も値段が違った!なんてことも…

 

これでは「ちょっとくらいの損」なんて言えません。

 

後から下取りナシにはなかなかできない

もしディーラーで下取りアリの注文書にサインするとどうなるかご存じでしょうか?

 

実は、愛車の所有権が自分とディーラーで半々になるんです。

 

そのため、後から下取りナシにしようとすると、ディーラーの同意が必要になります。

 

原則としては下取りナシにはできません。また、ディーラーによっては同意してくれる例もありますが、手続き上の手間がかかりますし、なによりディーラーとの関係が悪化する恐れがあります。

 

商談でちょっとしつこく交渉しすぎてしまった…などのことであれば、ディーラーも慣れっこなので特に問題はありません。そのくらいではディーラーは怒りません。
しかし、契約した後で破棄するとなれば、ディーラーの気分を害するのは間違いありません。

 

したがって、後から泣くことがないように、できるだけ早く査定することが大切なんです。

 

一括査定後は何をすればいいの?

自動車買取査定サイトで査定を行うと、複数の業者からメールなどで見積もりの連絡が来ます。
その中から、高額な買取金額を提示した業者に無料出張査定を頼みます。実際に車を見てもらうことで、正式な買取金額を出してもらえます。

 

実際には、出張査定することで買取金額がさらに上がることが多いので、出張査定は行っておいた方がいいです。

 

愛車はすぐに売らないとダメ?

 

基本的には、出張査定の正式な買取金額に納得したら、そのまま売却することになります。ただ、レヴォーグの場合は納車まで数か月かかることが多いので、売却してしまうと車がない状態になってしまいます。

 

そこで便利な方法が2つあります。

 

方法① 査定を2回行う

 

まず、レヴォーグ値引き交渉前に車査定サイトで愛車の査定を行い、買取価格を把握します。そして、後はなにもしないようにします。

 

そして、ディーラーで注文書にサインしてレヴォーグの納車日が決まったら、納車日の2~3週間前にもう一度査定を行います。ここでは高額な査定を出した業者に連絡し、出張査定を頼んで価格を決定してもらって、実際に売却します。

 

そうすることによって、スムーズにレヴォーグの乗り換えることができるのです。

方法② 納車日まで売却を待ってもらう

 

業者にもよりますが、「納車日が先なので、売却はその日まで待ってほしい」と言えば待ってくれる場合があります。また、頼めば代車も出してくれるので、ほとんどの場合は納車まで車がない、ということはありません。

 

万が一代車も頼めないようであれば、買取価格2位の業者に連絡して同じように交渉してみましょう。この方法であれば、車検切れの近い車を事前に売っておき、納車まで代車で過ごすということも可能になります。

 

なお、代車を借りる場合は事故をおこしてしまった場合などの保険などについてはしっかり確認しておきましょう。

 

とりあえず方法②を試し、難しそうなら方法①にシフトするのが無難だと思います。

 

年式や正確な車種がよくわからないんだけど…

 

査定サイトで入力する際、年式や車種を選択することになります。その際、「正確な年式がわからない…」という人もいるでしょう。

 

ですが、特に心配しなくてもいいです。車名さえわかれば、型番や年式、走行距離がだいたい合っていれば、おおまかな買取価格を把握することができます。

 

あとは、無料出張査定で正式な買取価格を調べてもらえば大丈夫です。

 

下取りナシだとディーラーに怒られない?

よく「ディーラーに下取りに出さないと関係が悪化するのではないか?」という話を耳にします。

 

ですが、結論から言うとそんなことは全くありません。

 

下取りアリにしたほうがレヴォーグの値引きは引き出しやすいので、

 

「一応下取りには出すつもりです」

 

なんて言いながら交渉を進め、値引き額が決定したところで

 

「やっぱり下取りには出さないで、友だちに譲ります」

 

などと言えば問題ありません。下取りナシにしたからといって、レヴォーグの値引きがダメになることはよほどのことがない限りはありません。

 

ウソを言うのが嫌であれば、正直に「買取業者の方が高いから下取りナシで」と言っても別に大丈夫です。とにかく、注文書にサインさえしていなければ、下取りをナシにするのは自由なのです

 

 

新車値引きの秘密!

 

愛車の買取価格を把握したら、いよいよレヴォーグの商談をはじめることになりますが、その前に新車の値引きのしくみを覚えておきましょう。

 

実は、ディーラー従業員の「格」よってレヴォーグの値引きできる額に違いがあります。

 

ヒラの従業員は○万円まで、店長なら○○万円、ゼネラルマネージャーなら△△万円…という具合に、従業員の権限によってレヴォーグの値引きできる額に差が出てくるのです。なので、ヒラの営業マンといくら上手に交渉しても、値引き幅は大きくなりません。

 

つまり、店長以上の上級職の従業員から「決裁」が取れてようやく、15万円の値引きが可能となるのです。

 

営業マンが「ちょっとお待ちください」といって事務所の中に消え、数分後に出てきてレヴォーグの値引き幅が大きくなる話をよく耳にしますが、これは店長以上の決裁を取りに行ったためです。あとは、たまたまお店にゼネラルマネージャー級の社員がいて、その場で大きな決裁が取れる運のいい例もあります。

 

なんにせよ、レヴォーグの限界値引きを引き出すには上級職の決裁が必要なのは間違いありません。

 

いよいよ交渉!3回の交渉でレヴォーグの値引きを引き出す

 

レヴォーグの大幅値引きには上級職の決裁が必要なため、初日交渉で大きな値引きが獲得できることはありません。そのため何回かディーラーに訪れ、商談を重ねていくことになります。その過程で、営業マンに「契約には、レヴォーグの値引きが必要だな」と感じさせることができれば、上級職の決裁をとって大幅値引きを可能にしてくれます。ただ、何度もダラダラ通っても営業マンが冷めていくだけなので、3回でばっちり決めるのが理想的です。

 

初回交渉

初回は本格的なレヴォーグの値引き交渉は行いません。とりあえずディーラーに行って、試乗と見積書の依頼だけ行います。試乗車が出払っている場合もあるので、電話確認はしておきましょう。試乗をしないとホットな客とみなされにくいので、試乗だけはやっておいたほうがいいです。

 

ディーラーに行って試乗すると、営業マンが見積書を作るか聞いてくるので、そのままお願いします。このとき、グレードだけ決めてオプションはなしの状態にします。

 

あとは、一言「値引きはどのくらい?」と聞いて、レヴォーグの値引き額がいくらであれ、「そうですか、検討します」といって帰宅します。

かんたんに新車の見積もりを取るには

 

ディーラーに見積書を取りに行くのが面倒な場合は、「ネット見積もり」を使うのも手です。ネット見積もりを使えば、スマホかパソコンを使って簡単に新車の見積もりを取ることができます。

 

複数のディーラーからまとめて見積書を取ることもでき、初回交渉をスキップしていきなり2回目交渉ができるので、効率もアップします。

 

ネット見積もりができるサービスはいくつかありますが、そのなかでも「オートックワン」は全国各地のディーラーに対応していてとても便利です。郵便番号を入力すると付近のディーラーが表示されるので、目当てのディーラーの見積もり依頼も簡単にできます。

 

公式サイトはこちらです。
→ http://autoc-one.jp/

 

2回目交渉

2回目交渉は、まず期日の設定が重要です。営業マンは契約を急ぐので、レヴォーグの初回交渉が土曜日だった場合は翌日の日曜日を提案してきますが、それは断って翌週土曜日に設定してください。そうすることで、1週間別のライバル車や他のスバルディーラーの下調べができるほか、翌日日曜日に3回目の交渉を行えるため時間をかけずに勝負することができます。休みが土日ではない場合は、単純に次の休みの日を2回目に設定してもかまいません。

 

2回目の交渉では、最終決戦くらいの心づもりで値引き交渉にのぞんでください。1週間後にまた来てくれるお客さんは営業マンにとってもかなりの見込み客として扱われるので、真面目に交渉してくれるほか、決裁に踏み切る可能性も高まります。

 

なお、下取りについてはアリの方向で進めてください。始めから下取りナシと宣言すると値引きが渋くなる傾向があります。「一応、下取りには出すつもりです」といった形で濁しつつ、話を進めてください。

 

そして、ここでは、

 

・予算的に厳しい
・他にも欲しい車がある

 

ということを徹底的にアピールします。特に「他にも欲しい車がある」という部分は、あらかじめ用意した見積書が効きます。営業マンに直接見せないにしても、提示してきたレヴォーグの値引き額を見て「う~んカローラフィールダーも結構値引きできるんだよなぁ」などと言うだけで相手は焦ってきて、値引きを上乗せしてくることが多いです。

 

そして、再度見積もりを作ってもらう際、今度は欲しいオプションを追加します。そして、「オプションを付けるとレヴォーグの値段が上がっちゃいますね。予算的に厳しいので値引きを増やしてほしいのですが」とアピールします。オプションという条件を追加することで、値引きを追加してもらうわけです。一般的に、オプションは2割引き程度ならあっさりOKされます。

 

値引きを上乗せすると営業マンは契約を迫ってきますが、ここはぐっとこらえて「家族と相談します」などといって帰宅します。

 

3回目交渉

3回目の交渉は、2回目の翌日が理想です。時間が空くと営業マンの熱が冷めてくるので、なるべく早く最終決戦に持ち込みたいところです。土日が休みの場合、2回目交渉を土曜日に設定するのはこのためです。

 

3回目ともなるとレヴォーグの営業マンも契約できるものとして考えているので、多少無理な要求も通りやすくなります。なので、まず値引きの上乗せが可能かどうかダイレクトに聞いてください。それまでに決裁を取っていてくれた場合、いきなり値引きが引き出せる可能性があります。

 

また、その日の交渉で「レヴォーグの値引きしてくれるなら決めてもいい」と口説きにかかれば、その場で決裁を取りに行ってくれる場合もあります。

 

次に、レヴォーグの諸費用カットの交渉を行います。国に収める費用はカットできませんが、ディーラーが代行する部分の費用は営業マンの権限でカットが可能です。車庫証明代行費用、納車費用あたりをサービスしてもらうとそれなりの金額になります。

 

また、ダメもとでレヴォーグへのガソリン満タン納車も頼んでみましょう。最近はガソリンが高いので断られることも多いのですが、「じゃあその代わりに同じくらいの額のディーラーオプション付けてよ」と頼めるようになるため結構有効です。

 

あとはちょっとケチくさいかもしれませんが、1000円以下の端数のカットも交渉してみましょう。

 

この辺をきっちりやっておくことで、数万円分のレヴォーグの値引きにつながることもあります。

 

あとは、すでに書きましたが、どうしてもレヴォーグの値引きできないオプションの値引き交渉を最後の最後に行います。

 

もうこれ以上値引きはムリだな、と感じたら、

 

「レヴォーグの値引きを頑張ってもらったので、今乗っている車は友だちに譲ることにします」

 

などといって下取りを引き上げます。契約さえしなければ下取りのアリ/ナシは自由なので問題ありません。

 

まとめ

 

レヴォーグ値引きを最大限に発揮するためには、車体価格交渉を限界まで行うことも重要ですが、愛車の買取価格を最大まで高めることが重要なのです。

 

レヴォーグの値引き交渉をする際、今乗っている車の買取価格は絶対に調べておく必要があります。

 

そうすることで、愛車を適正価格で売り、なおかつ有利に交渉を進めることができるため、安くレヴォーグを買うことができます。

 

 

レヴォーグ値引き投稿フォーム

 

レヴォーグに関する値引き交渉体験談、乗り心地レビュー、レヴォーグに乗りたい熱い思いなど、レヴォーグに関する投稿ならなんでも募集しております。どしどしご投稿ください。
投稿いただいた内容はこちらに掲載しております。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。



 
奥飛騨温泉郷新穂高温泉-深山荘-ホームページ相互リンク20 SEO-P-LINK SITEMIX