スバルの遺伝子を受け継ぐレヴォーグのエクステリア

レヴォーグはスバルらしさを継承

レヴォーグの外観はひと目でスバルとわかる品質に仕上がっており、ファンならずとも納得の魅力を持っています。

 

フロントトップの六連星はもちろんのこと、ホークアイと呼ばれる切れ長のヘッドランプ、そして特徴的なヘキサゴングリルやフォルムがスバル車であることを如実に語りかけてきます。

 

「荷物をたくさん積んで長い距離を走る」という特性は、スバルがレオーネやレガシィによって培ってきたものです。ただ大量の荷物が積めるだけでも、ただ速いだけでもない「ツーリングワゴン」というカテゴリを作り上げてきたわけです。

 

そのため、「スバルのツーリングワゴン」は他社の競合車を寄せ付けないブランドを誇っています。しかし、レガシィは世界の需要に合わせるためやや大きくなりすぎたきらいがあります。日本の道路はせまく、車体の大きなレガシィではやや走りにくいという意見が出始めていました。

 

そこで登場したのがレヴォーグとなります。日本の道路に合わせてダウンサイジングされているものの、スバルらしいデザインは保って性能や荷室の広さも維持しています。

 

名前は「レヴォーグ」に変わっているものの、ツーリングワゴンとしての意味合いはしっかりと残しつつ、日本人に合った自動車を作り上げたというわけです。