「アイサイト」って何?

「アイサイト」がワンランク上の運転性を実現する

スバル車には「アイサイト」という運転支援システムが採用されています。フロントに乗せられたステレオカメラによって、追突防止や前の車への追従など、さまざまな機能が利用できるようになります。レヴォーグに搭載されるのはバージョン3で、高い機能を誇っています。

 

ステレオカメラって何?

 

左右二つのカメラによって、立体的に環境を把握できるカメラのことです。前方の車に加え、歩行者や自転車など道路上にいるあらゆる物体を検知することができ、それぞれの移動速度を細かく分析することが可能となります。

 

最近では他の自動車メーカーも似たシステムを搭載することが増えてきましたが、いち早く採用したスバルのほうが開発期間が長い分高性能となっています。

 

プリクラッシュブレーキ

 

前方の物体が急速に迫ってきたとき、ドライバーに警告を発します。さらに、ドライバーが回避行動をとらないときは、自動的に減速して危機を回避します。ドライバーが気付いてブレーキを踏んだときは、「プリクラッシュブレーキアシスト」機能によってブレーキ力を増加させ、すばやく停止できるようにします。

 

この機能によってすべての追突が回避できるわけではありませんが、プリクラッシュブレーキが作動することによって人間の反射スピードよりも速く減速が開始できるため、ぶつかってしまったときでも被害を減らすことができます。バージョン2までは30km/h以内の速度が対象でしたが、レヴォーグに搭載されるバージョン3からは50km/hの速度があっても作動するようになり、さらに危機回避能力がアップしました。

 

また、レヴォーグに搭載されるVer3からは、衝突が避けられないと判断された場合でも、ドライバーの回避行動に合わせて回避方向への旋回をサポートする機能が作動します。つまり、右にハンドルを切ると、右側のブレーキを強くして曲がるスピードを速くするわけです。

 

クルーズコントロール

 

今やクルーズコントロールはあたりまえの機能になりつつありますが、アイサイトの場合は一味違います。前を走る車を認識できるため、安全な距離を保ったまま一定の速度で定速走行することができるのです。通常クルーズコントロールは高速走行時に効果を発揮するものですが、アイサイトの場合は数十キロ以下の低速走行時にも快適に動作するため、運転の手間を軽減できます。

 

また、道路のカーブなどを計測できるため、ある程度の曲がり角でもスムーズに走行することができます。また、急に割り込みされても、アイサイトの分析によってすばやく相手に追従することが可能です。

 

アクティブレーンキープ

 

アイサイトは車線の区画線を認識しています。そのため高速走行時にハンドル操作を誤ってしまっても、本来なら車線から逸脱するところを抑制することができます。そのため、長距離運転で判断力が鈍ってきたドライバーの運転を安全にサポートすることができます。

 

また、レーン中央を維持するようハンドルをアシストしたり、横風で車体がぶれたときのアシストもできます。

 

もちろん手離しで運転できるわけではありませんが、ほとんど自動運転に近い感覚でカーブを曲がることができます。

 

急発進防止

 

日本では年間7000件以上のAT誤作動の急発進や急なバックによる事故が起こっています。しかし、アイサイトが搭載されたレヴォーグであれば、急発進を検知して警告を発しつつ、エンジンの出力をセーブすることができます。ドライバーが対応できない場合も、アイサイトが自動的に制動するので事故につながりにくくなります。

 

居眠り防止機能

 

アイサイトは周りの環境をステレオカメラで検知しているので、自動車が車線から逸脱しそうになったりすると警告を発します。そのため、ドライバーが居眠り運転をしていても事前に危険を回避することができるのです。