レヴォーグGT-Sに搭載される特別装備

レヴォーグGTとGT-Sの違い

レヴォーグにはGTとGT-Sの2グレードがあります。GT-Sが上位グレードとなり、標準装備が大きく変わります。

 

ビルシュタイン製ダンパー

 

ドイツの有名部品メーカー「ビルシュタイン」のダンパーが装備されます。レガシィでは標準装備ですが、レヴォーグではGT-Sにのみ配備されます。

 

18インチホイール

 

GT-Sの場合、ホイールが18インチにサイズアップされます。塗装は1600ccエンジンがガンメタ、2000ccがブラックとなり、外観でも差別化がなされます。

 

フロントグリル

 

Sグレードの場合グリルの外周がダークメッキとなり、高性能と高級感を演出します。

 

フロントスポーツシート

 

立体的でドライバーを優しく支えてサポートするスポーツシートが標準装備されるのはSグレードだけ。

 

ステアリング&シフトレバーが本革巻き

 

革巻きステアリング&シフトレバーは全グレード装備しているが、Sグレードの場合革の素材が専用の本格的なものとなり、高級感がアップします。

 

アルミ製フロントロアアーム

 

Sグレードの場合はフロントロアアームが軽量かつ高剛性のアルミ製に変更されます。フロントブッシュにも一工夫で応答性もアップ。

 

アルミパッドスポーツペダル

 

Sグレードのアクセルペダル・ブレーキペダルはクールなアルミパッドを採用し、見た目からスポーティさをアピールしています。

 

ブルーステッチ

 

シートやドアトリムなどの各所にブルーステッチを採用し、上質さを醸し出します。